FC2ブログ

英国アンティーク、シルバー世界

DSC_7548.jpg


英国生活ミスターパートナー12月号では、「『コッツウォルズでアンティーク 永遠のシルバーを』特集をお届けしました。




それにちなんで、「冬の小さな英国展」では




英国のアンティークとシルバー(シルバープレート)が登場します。


IMG_4061.jpg

IMG_4083_20191126141035c3a.jpg


フォーク&スプーン付き カットガラスのサービングディッシュ(シルバープレート)




シルバープレートとはニッケルシルバーや銅などの土台に銀をコーティングしたもの。




貴族や裕福な家庭のみでしか使用できなかった高価な純銀の代わりに




中流階級の家庭で多く使われていました。




見た目はほとんど純銀と変わらず、様々な装飾ができるシルバープレートは




貴族の間でも人気が高かったようです。


IMG_4051.jpg


ガラス皿は取り外し可能。


IMG_4062.jpg


とてもきれいなカットガラスです。


IMG_4063.jpg


シルバープレートの装飾も繊細なデザイン。


IMG_4064.jpg


小さなスプーンとフォークが付いています。


IMG_4058.jpg


きちんとホールマークもある、シルバープレートです。




小さなお菓子やフルーツを入れて、優雅なティータイムを演出。




小物やアクセサリー入れにしてもいいですね。




お次はティーポット。


IMG_4065.jpg

IMG_4084_2019112614103263f.jpg


優美な曲線のシルエット。


IMG_4068.jpg


ハンドル部分は畳と同じ、い草が使われています。


IMG_4070.jpg


上部の「EPNS」は、




ニッケルで出来た本体の上に銀メッキをかけたシルバープレートだということを示しています。




1842年にバーミンガムのエルキントン社が完成させた方法で、




この発明により安くて質の良い銀製品が多く作られるようになったそうです。


IMG_4067.jpg


当時は純銀製品もシルバープレートも全て手作業。




細かな細工は職人技です。




続いては、少し雰囲気の異なったティーポットを。


IMG_4075.jpg


IMG_4082.jpg


こちらはアールデコを感じるシンプルで直線的なデザイン。




シェフィールド製シルバープレートです。


IMG_4076.jpg


大きめサイズなので、ご家族、友人たちとのお食事やお茶の時間に。


IMG_4080.jpg


その他、紹介しきれないアンティーク雑貨がたくさん。




今回は、シルバージュエリーもバングル他、チャリティでお出しします。


0000000082343_qrwzCuJ.jpg


お手頃価格でお楽しみください。


IMG_4476_20191126153433bf8.jpg


次回のお知らせ
『冬の小さな英国展 in 吉祥寺』
第1会場:gallery re:tail(ギャラリーリテイル)
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション103
2020年1月29日(水)〜 2月2日(日)12:00〜19:00(最終日は17:00迄)
第2会場:吉祥寺よろず屋 The Village Store(ザ・ヴィレッジ・ストアー)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-7 1F北側
2020年2月3日(月)~ 2月5日(水)12:00〜19:00(最終日は18:00迄)

http://www.mrpartner.co.jp/file/igata_room/igata_event.html

2ヵ所で開催します。皆様のご来場、心よりお待ちしております。


よろず屋最速情報が見られます。
twitter.jpg

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)