仕事も旅もどこまでも歩いてゆける靴

スコットランド、ヘブリディーズ諸島を訪ねた時の




共に歩き続けた人々の健脚ぶりが忘れられません。




どの人も靴だけは妥協しないそうで




良い靴は一日中歩く楽しみを与えてくれる──。そう教えられました。


IMG_3515.jpg



前回よろず屋でご好評いただきましたポルトガル製の靴。




始まりはこの一足でした。


IMG_1668.jpg
Softinos
Smooth Dark Brown
サイズ:23.5cm(EU37)
Upper Leather/Lining Textile/Sole Others
21.600円(税込)
Made in Portugal




柔らかで、スルッと足を入れられる──。



デザインより、色より、履いた瞬間の感動的な心地良さ。


IMG_1671.jpg


どこまでも歩いて行ける、もう脱ぎたくない。




ヨーロッパの靴を探し続けた私にとって、この柔らかさは驚きでした。




コットンタイツやウールソックスと合わせて、一番きれいに見えるお色を揃えました。


IMG_1664.jpg
Softinos
Washed Forest Green
サイズ:24cm(EU38)
Upper Leather/Lining Textile/Sole Others
21.600円(税込)
Made in Portugal




霧のかかった森のような色合い……




この絶妙な色合いも魅せられた理由です。


IMG_1665.jpg


2008年にポルトガルで誕生した「ソフティノス」は




柔らかさを第一に考え、靴作りを続けるシューズファクトリー。


IMG_1667.jpg


金具や木など堅い素材は使わず、


so085br7_20171111170003dd0.jpg


あくまで柔らかな皮を、しなやかなソールを追究。


IMG_6299.jpg


IMG_1673.jpg
Softinos
Washed Navy
サイズ:24cm(EU38)
Upper Leather/Lining Textile/Sole Others
23.760円(税込)
Made in Portugal




足を入れた瞬間につま先に、かかとに伝わる柔らかさ。


IMG_1674.jpg


甲の狭いヨーロッパ靴は、見た目スタイリッシュでも、履くと痛い……・。




かといって、ドイツの健康シューズのように甲の広いものは、好みが分かれるところ。




ワークテイストを残しつつ、スカートやワンピースとフェミニンな装いにもマッチします。


IMG_1675.jpg


ちょうどいい足首の立ち上がり。


IMG_1676.jpg


ウォッシュ加工で風合いのあるネイビーは鉄色がかってシックです。




こちらはゴアショートブーツ


IMG_1658.jpg
Softinos
Washed Petrol
サイズ:24cm(EU38)
Upper Leather/Lining Textile/Sole Others
22.680円(税込)
Made in Portugal


IMG_1659.jpg


足を入れる間口を素材替えして




脱ぎ履きしやすいこと。


IMG_1661(1).jpg


「ブーツは面倒で……」と思っていたのも今は昔。




クッションインソールで履いていても疲れず、




石畳の多いヨーロッパで大活躍。



もちろん、毎日の通勤もストレスなく、快適です。


IMG_1652.jpg
Softinos
Washed Taupe
サイズ:23.5cm(EU37)
Upper Leather/Lining Textile/Sole Others
22.680円(税込)
Made in Portugal




絶妙な色合いのトープ。中間色の装いが多い方におすすめです。


IMG_1654.jpg


IMG_1656.jpg


限りなく柔らかいを名に取ったショートブーツを履いて


IMG_3509.jpg


どこまでも歩いてみませんか。


DSC_0956bw.jpg



次回のお知らせ
『クリスマスマーケット&チャリティー』
The Village Store(ザ・ヴィレッジ・ストアー) 11月29日(水)~12月5日(火)
12:00〜19:00(最終日は18:00まで)
http://www.mrpartner.co.jp/file/igata_room/igata_event.html

皆様のご来場、心よりお待ちしております。


よろず屋最速情報が見られます。
twitter.jpg

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)