英国テキスタイル 春色スカート

01_201702212028393ac.jpg


庭の生け垣が青々と茂り始める気配。


02_20170221202839f01.jpg


予期せぬ明るい光景に出会うと、踊り出したくなりますね。


03_201702212028428ff.jpg


英国の春色テキスタイルで縫い上げたお待ちかねのスカートが届きました。

英国テキスタイルスカート
リネン100%
フリーサイズ


04_201702212028428b9.jpg


透けにくいピンクストライプ。




白いレギンス、黒いタイツと組み合わせると垢抜けます。


05_201702212028479cf.jpg


こちらはイングリッシュガーデンのような水彩タッチ。


06_201702212028467c9.jpg
sold out

しっかりしたコットン素材で、一年中お召しになれます。


07_20170221202847794.jpg


まずバックスタイルをご覧下さい。




平ゴム効果でヒップラインのフレアも広がり過ぎず、スッキリです。


08_20170221221134b3a.jpg


空風景


09_201702212028515af.jpg


北欧タッチの青空に新緑が混じったような新鮮な色合い。


10_20170221202851a65.jpg


こちらもコットン素材です。トップスは黒茶灰でも差し色になります。


11_20170221202853084.jpg


昨シーズンもご好評いただいたシルクスカートも登場。


12_20170221202855c37.jpg
all sold out

たそがれたオレンジベージュと渋みある桜色。




着用感なし……まるで羽根のように、軽いのです。




シルク100%のスカートながら、形状記憶のようなハリ感が魅力です。


13_201702212211356cd.jpg
all sold out

シルクといえば、昨年完売したブラックフラワー(リバーシブル)も。


14大


17世紀ぐらいまでは、男女問わず履いていたと伝えられるスカート。


15_20170221202901fbe.jpg


流行の大きな裾幅を持つ鳥かごのような「パニエスカート」は




時代と共に変化して、動きづらいということで、




20世紀頃には現在の主流である「フレア」「タイト」スカートが現れます。


16_20170221202902873.jpg


スカートを履かないという方も、ウエストゴムと広がり過ぎないヒダ、




テキスタイルの美しさに引き込まれ。




セーターやタイツと合わせて素材のミスマッチを楽しむ着こなしも3月




身も心も軽くなるスカートをどうぞ見にいらして下さい。



『春のワンピースと英国テキスタイルスカート展』
2017年3月9日(木)〜3月14日(火)
12:00〜19:00(最終日は18:00まで)
会場:The Village Store(ザ・ヴィレッジ・ストア)
http://www.mrpartner.co.jp/file/igata_room/igata_event.html

皆様の来場、心よりお待ちしております。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)