郷愁のノッティンガムレース

産業革命ヴィクトリア女王の時代、 最盛期を迎えるノッティンガムレース。




160326_3




コットンの質感、 あえてゆっくり織る マニファクチャーの妙。








今ではイギリスでも 生産するのは一社のみとなりました。








効率を優先しないこのような仕事が今世界中で注目されています。




160326_1

ヴィクトリアン アンティーク グレーのワンピース SOLD OUT




Nottingham在住の女性デザイナーによって作られた繊細な、そして優美なレース。








アンティークワンピースに合わせるとエレガントな印象が引き立ちます。








ワンピースのシフォン生地も ヴィクトリア時代のもの。




160326_2




美の相乗効果でしょうか。








よろずや屋にやってきた繊細なレースショールをお洋服のアクセントに、








日焼け防止に、 いろんな場面で役立ちそうです。








ヴィクトリア時代 多くの貴婦人が装いにくわえたノッティンガムレース。




160326_4




器を より美しく引き立てる ドイリーは、汚れたら洗濯できる嬉しいコットンです。








額に入れてお部屋に飾ると、 遠い日の英国の風景が甦りそう。




ドイリー4つ小




奥が深いノッティンガムレース 、 よろず屋で愛されるインナーにも使用しておりました。








インナーは今回、 使いやすいブラックのみご紹介しております。




インナー小




どうぞ 見にいらしてください。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)