エレガントな襟、コットンの美学

春うららお元気ですか?








ラフなルーズデザインがコンフォートをもたらすチュニックですが、




0506-1_4




よろず屋が恋焦がれたスージー・ハーパーの手にかかると、古典的な物語が生まれます。




0506-1_6
coco raglan
cotton100%
white SOLD OUT, black
28,900円(税別)
made in England




まるでルネッサンスの絵画のような、古典的な様式美。








どのスタイルにも通じる襟の美しさ、








女性のしぐさをエレガントに見せてくれるカットと張り。




0506-1_3




かすかなストレッチのバランス。








身近なコットン素材を最大限活かしたチュニックです。




0506-1_1




レギンス、スキニーなパンツ、デニム、ラフに装っても、








この服の存在感でたちまち優美なスタイルが出来上がります。




0506-1-7.jpg




ロンドンだから、いえロンドンならではの発想。








舞台芸術を熟知したデザイナーの古典への造詣が見て取れる服です。








スージー・ハーパーの世界観が凝縮された1着。








立ち上がった襟、美しいラインのデコルテ、








自宅でも洗えるコットンの手軽さ、腰周りがほどよく隠れる緩やかなAライン。




0506-1_2




洗練されたチュニックは女性だけが楽しめるもの。








ただし、この服は縫製、染色にたいへん手がかかるため








量産できない融通のきかなさが、欠点でしょう。








十分なおもてなしもできず終わってしまった1日。








それでも幸せな思い出を重ねることができて、感無量です。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)