虹色のような薄いシルクのスカーフ

桜も薄紅色の衣から着替えて、もうすっかり新緑の装いに。








街にあふれる初夏の気配。








そして祝日が続く黄金週間の到来で、気分は浮き立ちます。




0424_1




一方で、日差しに力強さが増し、紫外線が気になる季節でもあります。








そこで重宝するのが、肌に当たる直射日光を遮る、薄いシルクのスカーフ。








山梨の忍野村で出会った虹色のスカーフは、サラサラとしていて肌触りも心地いい。




0424_2

真綿スカーフ
甲斐絹100%
Made in Japan




少しだけ撚(よ)りをかけて平織りされた「甲斐絹(かいき)」は、








テカテカしたシルクのイメージとは違い、しっとりとした温もりを感じます。








山梨産の生糸だけを使った極上の天然繊維は、








吸湿性や放湿性に優れ、UV効果もあるとか。








ちょっと喉が痛いとき首回りに、という使い方も。




0424_3




江戸時代から約350年も富士山麓に受け継がれてきた伝統の絹織物。








そんな歴史も感じさせるスカーフ。








虹のように、橙も、紫も、黄も、緑も、柔らかで自然な色合いは








装いに差し色がほしいときに身につけるのに最適。







休日のお出かけに纏えば、さらに気分を高揚させてくれます。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)