イズリントンの工房からやって来た服

よろず屋を訪ねる人が、いつも気にかけるお洋服。




0108_1

スカートは完売しました





ロンドンの骨董横丁、下町風情漂う








イズリントンのカムデンパッセージで








生地にこだわり、少しずつ作られるスージー・ハーパーの








トップスとスカートを合わせてみました。








バックスタイルは、そこはかとなくエレガント。




0108_2




ぜいたくなシルクの裏地を使ったトップスは








インナーと合わせれば








冬でも安心してお召しになれます。








スカートは濃紺のウール生地。








隠れプリーツがフロントに集中。








歩くたびに美しい表情に変わります。




0108_4




もと舞台衣装を作っていたというデザイナーのこだわりが








デコルテの開きや身頃のパターンまで








古典的なディティールをかもし出しています。








クリポテラのペパーミントグリーンのUROKOタイツと合わせると、








とても温かく、スッキリと見えます。




0108_3




スージー・ハーパーの服を着る日は、








イズリントンの路地の向こうからそよぐ








懐かしいロンドンの風を感じます。




0108_5

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)