ズボン村からやってきた木靴

春とはいえ、時々冷たい雨が降っております。






よろずやでは、来るゴールデン・ウィークに開催される






「連休の小さな英国展」 5月2日(水)〜5月7日(月)でご紹介する






英国の雑貨やお洋服を少しずつ集めております。






英国・西ヨークシャーのズボン村と呼ばれる






ヘブデンブリッジの工房で作られている老舗の木靴屋さんのものです。


P1020348.jpg



スカートにもパンツにも似合い、冬は厚手のソックスと合わせて下さい。






足を入れると、足裏の型に沿った英国産のブナ材がひんやり気持ち良く、甲も広めです。






もともと工場で働く労働者のつま先を守るためのものとあって、






一点ずつ丁寧に作られています。







さて、花粉症、風邪と体調がすぐれない日は、身体に優しいお洋服が着たくなります。






山梨県・富士吉田市のオールドマンズテーラーの春服の中で、綿100%のスウェットパンツ。






肌あたりがやわらかで、履いていて気持ち良いです。






適度なゆとりとたっぷりしたポケットがあり、






レギンスと合わせると、とてもきれいに着こなせます。






SWEAT HALF PANTS 11,000円


DSC_0106.jpg

DSC_0133.jpg




そしてロンドンまでのフライトで重宝しているのがこちらです。






ロールアップすれば大人の可愛さが出ますし、



DSC_0163.jpg



ラインがとてもきれいなので、ジャケットとの相性も良いです。



DSC_0180.jpg



SWEAT PANTS 12,800円






どちらもカジュアルウェア的スウェットのごわつき感がないので、履くとホッとします。






丁寧に作られた日本製です。







ところで、よろずやでは少しだけJING TEAも取り寄せております。






温かいJING TEAにハチミツをたっぷり入れて、小さな店でくつろぐ時間。






なかなかブログが追いつきませんが、またお越し下さい。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)