1針ずつ編み込んだチュニックセーター

日ごとに寒くなってきました。








セーターやブランケットがいっそう恋しいですね。








湖水地方で心を込めて編み上げられた








ラベンダーカラーのセーターをご紹介します。




1024_1

ザ・ウール・クリップ 手編みセーター

ラベンダーカラー
ウール100%
サイズM〜L
33,390円(税込)




袖口、前身ごろ、後身ごろに、もみの木を連想させるイギリスらしいデザイン。








お袖は長めで、折り返してもかわいい。








少しだけ裾が広がっていますので、








小柄な方はピッタリとしたレギンスや、パンツの上にザックリ重ねるとバランスがとれます。








ザ・ウール・クリップは、英国の湖水地方カンブリアを拠点にする








15人の職人によって2001年に設立された団体。








メンバーのほとんどが女性で、農業や家事などの








他の仕事と兼業しながら、セーターや靴下などを編んでいます。




1024_2




カンブリア地方のウールの良さを多くの方に知ってもらおうと、








手仕事で素晴らしい作品を次々と作り出しています。(ウール・クリップの女性はみな元気です)









ちょっと重たそうですが、寒い日にはウールのパンツやスカートとあわせて庭仕事にも打ってつけ。








世界でただ一つの絶妙なラベンダーセーター。








湖水地方に降る、冬の冷たい雨にも負けない、








ふくよかな方にも着ていただける








たっぷり毛糸を使ったボリューム感と女達が育てた本格的な羊毛が








あたたかな冬を約束してくれます。








湖水地方の自然を切り取ったような美しく、力強いクラフトにいつも魅せられる店主。




1024_4
(モデルは身長150cm、Sサイズです)



どうぞお風邪などひかれませぬよう。








今晩はマーロウのハーブティーでも、飲みましょう。

大人のザックリネイビー

氷雨が続いております。




1002_8




英国16世紀から羊毛を織り、








士族の服地となったマーリング&エヴァンズの








重ね着、着崩しのできる待望のネイビーウールの








コートドレスが出来上がりました。




1002_7





18世紀のヨーロッパの紳士たちは皆、








ヨークシャーで生産されたブロードクロス(広幅織物)を








着用していたため、その取引量は相当なものでした。




1002_6




「Everyman Everyman」の大切なコンセプトとなっている歴史と地場産業。








高価な糸のロスを抑える、太い糸にも強いドイツ製ドルニエ織機で








高品質のフランネルから厚手のキャバルリー・ツィルまで、








暖かく、軽い素晴らしい質感の生地を作り出す織物工場のスピリット。








本当の英国製スタイルをクローゼットに加えて下さい。




1002_3

Everyman Everyman
コートドレス
ウール100%
色 ネイビー
SIZE フリー
英国製
47,200円(税込)


共布スカーフ
英国製
4,800円(税込)




これからの季節、中にカットソーやタートルを入れて、








ワンピースとしてお召しになると、暖かさ抜群。








前開きで羽織りコートにしても、深いポケットが便利です。








ブローチを襟元に付けたり、スカーフと併せて楽しむ他、








このような楽しみ方も。




1002_4




美しいネイビー、ツィードっぽい、少しざらりとした感触ですが、








厳寒の冬になると、この1枚で熱いほど暖か。








裏地も付いていないため、見た目よりずっと軽いのも特長です。




1002_5




ふくやかな方も、背の低い方も上品にお召しになれる1枚。








ヨーロッパの街角から抜け出したかのようなコートドレス、








数限定でのご紹介です。(無くなり次第終了いたしますことをご了解下さい。)









寒さ厳しき折、どうぞご自愛下さい。




1002_2




もうすぐ、店主の元にコロンゼー島のアームレットが届く予定です。








いにしえの島から、MILLから愛しいウールが店を飾ります。